TOP

私たちナマステ江戸川区(NAMASTE EDOGAWAKU)は、東京都江戸川区でインド人と日本人の人的交流活動を行う2020年にスタートした市民団体です。

高齢化社会が進み外国人居住者が年々増加している日本において、外国人居住者数が多い江戸川区は日本の将来の縮図でもあります。インド人と日本人のコミュニケーションの機会を増やし対話と交流を重ねながら、「思いやりのある共生社会」のロールモデルとなる取り組みを進めています。

★最新の活動情報やイベント告知はナマステ江戸川区のFacebookページからどうぞ!

お知らせ

活動理念

日本とインドの思いやりのある共生社会の実現

3つの活動内容

以下各活動をクリック頂ければ、詳細が見れます。

活動報告

メディア取材協力

TEAM (チーム)

近藤祐市 (コンドウ ユウイチ)代表

インド国立デリー大学院 社会科学研究科卒業。

大手海運業界で対インド輸出入を担当する傍ら「ナマステ江戸川区」設立。インドに携わり17年。

マハビール・サハニィ 共同代表

インド国立ネルー大学院 日本語学研究科卒業。

外資系IT企業に勤めながら、学校経営、人材紹介会社を経営。

シバラム・プサパティ 理事

インド国立インド工科大学卒業(IIT Mumbai)。

半導体企業に勤めながら、休日はインド式数学の先生を務める。

ソナル 理事

江戸川インド人会の副代表を務める。

駐日インド大使館とも協同して日印の関係構築に貢献。

協力学生団体:慶応義塾大学NEXT

日本とインドの相互理解を深めて、

両国の懸け橋になる文化活動を行っている大学認定の学生団体。

協力市民団体:えどがわメティ普及会

インド野菜「メティ」を通じて、

『新しいコミュニティとカルチャーを江戸川区から発信したい』との思いから創設。 

ナマステ江戸川区

代表者:近藤祐市

お問い合わせは左記CONTACTフォーム

またはFacebookから受け付けています。

お気軽にお電話からもご連絡ください。☎ 090-5689-1515

タイトルとURLをコピーしました